2010年07月19日

コヨーテタン・コヨーテブラン系ベース生地

 最近需要が多いくなっている生地色。



 そして、入手にかなり手間取っている生地色が、「コヨーテタン」「コヨーテブラウン」と呼ばれるカラーです。



 私自身、コヨーテタンとコヨーテブラウンについて、あまり見分けが付かないのですが、装備品のカラー表示を見る印象では、コヨーテタンとコヨーテブラウンはメーカーによる呼び名の違いだったり、カーキ→コヨーテタン→コヨーテブラウンで少しづつ茶色味が強くなっていくのかな?という感じで見ております。

 軍規格の生地が入手できず、そもそも軍規格があるのかどうか。特殊部隊などの装備を扱うメーカーだけのものなのか・・・などなど、わからないことだけのカラーなので、詳しい方がいらっしゃいましたら、オーナーへメールで教えていただけると嬉しいですね。



 さてsacom worksでは、手に入る素材はできるかぎり軍規格品(MIL-SPEC)生地を使い、コヨーテ系やODなど軍規格品が入手できていない生地は、できるだけ色合いや質感がよく、しかも刺繍が映える民生品素材を探し回り、入手できた素材で代用されせていただいております。


 生地の問屋さんなど色々まわって、ようやく見つけてきた素材が写真の生地です。
 sacom works的には、写真右がコヨーテブラウン系、左がカーキ系素材ということで取り扱いさせていただいており、いわゆるツイル(平織り)という生地の種類となっています。(ノンリップと呼ばれる米軍規格生地もツイルとのことです。)


 ミリタリーでは大人気カラーですが、一般的な服飾や縫製素材としてはかなり地味なカラーになるので、問屋さんもなかなか取り扱いにくいカラーとのことです。
 大量生産をするわけではないので、染色を頼むわけにもいかずに悩んでいたところ、ナチュラルな素材を多く取り扱っている手芸屋さんで発見しました。この生地を見つけたときは涙が出そうでした(笑)


 最近は、ワッペンによく使われている「エンブクロス」の取り扱い業者さんが近所にあることが判明し、研究の日々を過ごしております。素材変われば縫い方も換わるので、最適な状態で製品をお届けできるようになってからオーダー開始としたいと考えています。

全くの素人からはじめたこの仕事。
ここまで成長できて、まだまだ成長を続けられるのも、お客様のおかげです。
本当にありがとうございます。感謝、感謝です!




できる限り風合いがよく、刺繍が映える素材を探し回って使用しております。

http://sacomfact.web.fc2.com/
10平方cm以上のパッチ・ワッペンについて
30枚以上から単価割引しています!!




同じカテゴリー(パッチ・ワッペン製作)の記事画像
単品刺繍パッチ製作/オーダーメイドコースについて
【予約商品】蓄光目玉のモソパッチ発売!
営業情報など
【表紙】漫画でわかるパッチ・ワッペンデザイン術
漫画でわかるパッチ・ワッペンデザイン術2018
陸自スナイパーチームが優勝!!
同じカテゴリー(パッチ・ワッペン製作)の記事
 単品刺繍パッチ製作/オーダーメイドコースについて (2018-07-05 18:42)
 【予約商品】蓄光目玉のモソパッチ発売! (2018-06-28 13:27)
 営業情報など (2018-06-21 17:36)
 【表紙】漫画でわかるパッチ・ワッペンデザイン術 (2018-06-18 20:02)
 漫画でわかるパッチ・ワッペンデザイン術2018 (2018-06-14 13:58)
 陸自スナイパーチームが優勝!! (2018-05-07 14:11)

Posted by sacom(モソP)  at 13:14 │パッチ・ワッペン製作