2012年09月06日

最強の日章旗(日の丸)・旭日旗パッチ計画

細かすぎる図案など技術上難しい図案もありますが、刺繍で最も難しい図案は「日章旗(日の丸)」だと思います。


刺しゅうとは美術と考える方も多いと思いますが、実は力学的要素だったり、材料工学的要素が優先されます。
刺繍として再現できるもので、複雑な図案ほどしっかりしたものができますが、反面、単純な図案ほど糸のひっぱりなどの影響を受けるので、実は作りにくいのです。

その代表となる図案が日章旗(日の丸)で、同じ国旗なら、星の再現が大変な星条旗のほうが、ずっとカンタンだったりします。



日章旗について定めのある「国旗及び国歌に関する法律(平成十一年八月十三日法律第百二十七号)」の別記第一を読み解くと

一 寸法の割合及び日章の位置
  縦 横の三分の二
  日章 直径 縦の五分の三
  中心 旗の中心
二 彩色
  地 白色
  日章 紅色(※sacom works注:赤ではない)

とあり、寸法等が定められています。

また、恥ずかしながら私自信この仕事をするまでわからなかったのですが、日の丸の正式名称が日章旗で、護衛艦などに使われている光のラインが入っている図案は「旭日旗(きょくじつき)」だそうです。


刺しゅうが糸と針で再現することを考慮すると、滑らかさだけではなく、「縫込みによる変形」も考慮しなくてはなりません。

水平に縫えば、水平方向に縮むので、日章(丸)は縦に長い楕円になってしまいます。
また、縫った直後から変形が始まるので、製作直後に真円を保っていても、1週間後は真円でなかったり、日ごろのメンテナンス(洗濯)によっても、変形してしまいます。

これを防ぐ方法は、やはり力学的考察だったり、材料工学の世界だと思うのです。


SATマガジン2012年1月号で、ジブチに展開する自衛隊の拠点を警備する第一空挺団の隊員が特集されていましたが、日の丸パッチは皮製だという記述がありました。

恐らくではありますが、刺繍パッチの場合変形やベースに現れる”しわ”が、国旗にふさわしくないという結果から、皮製になったのではないかと思います。
どんな理由にせよ、刺繍屋としてこれは非常に悔しかったりします。


sacom worksでは、「最強の日章旗・旭日旗パッチ計画」と題して、どこで使っても恥ずかしくない”タフ”な刺繍ワッペンの研究をしています。


「変形を防ぐ」ことを含めた製品のタフさはもちろんのことですが、一般的に流通している日章旗パッチにありがちな、周囲にジグザグの「サテン縫い」もできるだけ除いた形で製作したいと考えています。
滑らかになるには間違いないのですが、変形を防ぐことはできませんし、立体的に外周の模様がはいってしまうので、面のみで再現できるならそれに越したことはないと考えているためです。

問屋さんの協力もあり最適な素材を得ることができ、また、いくつかの課題と解決方法も見えてきました。
納得いく日章旗、旭日旗が完成するのはいつになるかわかりませんが、できるだけ早めに完成させたいですね。
(タフさや美しさはもちろん、製作コストも考慮します!)



明日はミリブロニュースにありました、海上自衛隊護衛艦「ひゅうが」の特別公開に参加しますので、午後はお休みいただく予定です(港が市内にありますので、帰宅後、作業再開すると思いますが・・・)
とても楽しみでもあり、また、営業につながれば嬉しいなという感じです(笑)

また、9月10日と11日はミシン販売会の手伝いがあるため、お店とメール返信作業等をお休みいたします。ご了承ください。

sacom works



http://sacomfact.web.fc2.com/
SVGから本職まで対応オリジナルワッペン製作。
sacom works







同じカテゴリー(sacom技研)の記事画像
TGタクティカルのホルスター
ギリースーツを作る(その4)
パッチカラー考察・・・サブデュードからカラーに!
萌えミリパッチを作る(その5)清書とデータ作成
萌えミリパッチを作る(その3)ワッペンのデザインと外周処理
萌えミリパッチを作る(その2)刺繍の条件とデザイン作成
同じカテゴリー(sacom技研)の記事
 TGタクティカルのホルスター (2016-08-16 11:56)
 ギリースーツを作る(その4) (2014-04-03 07:35)
 パッチカラー考察・・・サブデュードからカラーに! (2013-11-26 15:22)
 萌えミリパッチを作る(その5)清書とデータ作成 (2013-10-31 10:56)
 萌えミリパッチを作る(その3)ワッペンのデザインと外周処理 (2013-10-28 09:31)
 萌えミリパッチを作る(その2)刺繍の条件とデザイン作成 (2013-10-27 18:31)

Posted by sacom(モソP)  at 12:19 │sacom技研