2011年03月17日

蓄光血液型パッチ(復興支援版)

皆様もうご存知のとおり、大変な大災害が起こりました。




報道に見入ることしかできず、本当に悔しい思いをし、この1週間を過ごしています。




一人ひとりができる事は限られています。
現地での救援作業は、活動しているプロの方、そして自らも辛い思いをされている被災地に皆様にお任せすることしかできませんね。

でも、一人ひとりにできることもありますね。
今できる事といえば、義援金を送ること。節電に勤めること。冷静になることでしょうか。
でも、上記を含めて、一人ひとりにしかできない活動でもあると思います。


自分はほぼ一日中、大好きなラジオ番組を聴いています。

震災後はラジオ局自体に緊張感がない感じで、正直苛立ちもありました。
でも、飾らずに地元の言葉で伝えてくれる番組は、被災地のリスナーさんや、沖縄からの応援メッセージを伝えてくれました。

一人ひとりにしかできないことをやろう。
番組で読まれた、被災地へ向かう旦那さんを持つ方からの一通のメールが、そう思わせてくれました。
がんばってと声をかける反面、不安との葛藤に揺れるご家族の正直なメールでした。


何でも基地問題にからめようとする地元沖縄のメディアや風潮にうんざりしていますが、沖縄からも自衛隊も在沖米軍、消防や赤十字など多くの人たちが救援が向かっています。
そして、不安にかられながらも支えるご家族がいます。


自分自信、被災地へ向かうことができません。
でも、被災地へ向かう方々の安全を守るものを提供できるのではないかと考えています。
刺繍屋として自分にしかできない事が、ミリタリー業界でおなじみとなった血液型パッチでした。



この小さな装備品は、被災地での救護活動や今後の復興支援にあたり、作業員の安全やそのご家族の安心に、少しでも資することができるのではないだろうか。
蓄光素材にすることで、電力が不足している地域で、万が一のときによりスムーズな対応ができるのではないか。そう考えたわけです。


勝手に便利だと思っているだけで、実際には不要なのかもしれません。
でも、自分にしかできない事は、これでした。

現在、被災地へ物資を送ることはできませんし、ボランティアが現地へ行くこともできません。
しかし、被災地へ向かう人が確実にいます。

もし、被災地へ入られるご家族や友人がいるという方、またはこれから被災地に入るという片は、血液型をsacom worksあてご連絡ください。生産量は限られていますが、蓄光パッチを送らせていただきたいと思います。


日本向けのため、記載方法などは、よくある血液型パッチの表記(「A-POS」など)とは、少し変えています。仕様や使い勝手、支援に当たる方に届ける方法などのアドバイスがありましたら、こちらもご連絡いただけますとありがたいです。


熱に弱かったり、静電気対策などの確認が取れていない素材なので、すべての現場で使えるものではないのかもしれませんが、作業員の方やそのご家族、友人の不安を少しでも取り除くことに繋がれば幸いです。

sacom works


刺繍屋としてできる事をやっていきたいと思います。

http://sacomfact.web.fc2.com/
少数少量でも低価格のオリジナルワッペン製作。
sacom works







同じカテゴリー(おしらせ)の記事画像
印刷版出ました!!
隠しページ
本日出張です
色々と戦略変更
イベント出店情報
追突・・・
同じカテゴリー(おしらせ)の記事
 印刷版出ました!! (2016-09-23 09:55)
 隠しページ (2016-02-11 10:02)
 本日出張です (2015-11-25 08:30)
 色々と戦略変更 (2015-08-31 16:44)
 イベント出店情報 (2015-04-09 19:11)
 追突・・・ (2013-11-14 12:11)

Posted by sacom(モソP)  at 09:58 │おしらせ