2015年09月28日

見積もり等の変更について

こんにちは。sacom worksです。
今回、申し訳ありませんがデータ作成料金(版代)と、受付できる内容に変更を行う予定で、取り急ぎお知らせいたします。

元々は少数でも低価格路線だったのですが、できるだけクオリティーを落とさずに、お客様のご希望も答えるという仕事をさせていただいております。できればこれからもそうしていきたいです。

パッチ業界もTシャツプリント屋状態の安売り合戦でして、体力がある業者しか生き残りません。

体力というのは資金だったり人材だったりします。
ちょっと大手なら専門のデザイナーがおり、データ作成(いわゆるパンチ作業)を行う担当がおり、縫製担当がいて、営業担当がいるといった具合です。

うちは家族3名で作業している業者ですから、体力はないです。
縫製は家族がやりますが、データ作成や見積もり、サイト更新等の営業活動は一人で行っています。

専門性を生かして、頭を使って技術を補填し、手の届く価格でやっていこう、そういう感じなのです。


最近とても悩むことが増えました。
私の仕事は刺繍ですから、原画を作ることではありません。
常連さんや友人のものは、「これならいけますよ」という感じで提案させていただくことはありますが、「イメージがほしいので作ってください」というお客様も増えました。

ありがたいことですが、これはデザイナーの仕事です。
デザイナーとしてちゃんと報酬を得ながら行う仕事なのです。
できるだけ低価格でとは考えたものの、無料で行う要素のものではありません。

原画作成はデザイナーさんを探して、有償で頼んでいただきたくお願いいたします。


一方、デザイナーさんは刺繍というものを考慮してデザインしないケースが半数です。
「で、どうやって刺繍しろと?」という物理的に無理なものをゴリ押しされて困ることもあります。

デザイナーさんに限ったことではないのですが、初心者の方ほど、刺繍にすることを考えて描いてくれます。
デザインについては制限があるので、こちらのページを事前に読んで、反映させていただきたく思います。





料金については、特に調整もなくスムーズに作業できる図案については、従来どおりの価格とさせていただきます。
途中で図案変更があったり、仕様変更があったり、調整事項が多い場合は、別途加算させていただく方式にすることとしました。
お見積もりについては3段階程度で見積もりさせていただき、清算時にいずれかになるかという形にさせていただきたいと考えています。

金額の例(図案やサイズによって変動します)



何度か書いていることですが、刺繍は糸の流れなども考えながら、原画をなぞって作っていきますので、ちょっとした仕様変更でも大変な作業です。
10件のうち9件が「やっぱりこうしてください」ということでやり直し、その間刺繍機が動かない状況が続けば赤字です・・・(汗)
ボランティアじゃないので、この辺はちゃんと見直しさせていただきたいと思います。



厳しい話かなと思いましたが、以前と同じ価格帯で作る方法があります。

刺繍の基準をしっかり読んでデザインしていただくこと。
内部できちんと調整し、後ほどデザインや仕様変更がないようにしていただくこと。



これだけの話です。
刺繍にすることを考えない、途中で仕様が変るなら、それなりのコストがかかりますから、難儀した分お客様にご負担いただきます。
商業ベースとしては当たり前のことに見直しさせていただくだけの事です。


あと、もう一つの話として、ショップやフィールド経由のチームパッチ依頼についてです。

おかげさまで、ショップオリジナル商品やフィールドオリジナルのパッチを多くご注文いただいております。
とてもありがたい話です。どんどんお願いいたします。




一方、ショップやフィールドにてパッチを受付し、下請けとして作らせていただくというケースもあります。
正直ありがたくない話です。
今後は、ショップやフィールド等で受付するチームオリジナルパッチの、下請け製作は無しにしようかと思っています。
よく考えてみると、メリットがなく、むしろデメリットだらけの状況なので・・・。

急がされてこちらのペース(工程)で作れない、作れないデザインを持ち込まれ調整がわずらわしい(時にゴリ押しされる)。支払い(集金)に時間がかかる。お客様もマージンを盛られる。などなど・・・

メリットがあるのは、中継したショップやフィールドのみです。
「仕事を紹介してやってるんだ。」という感じなのかもしれませんが、結果的に高いと感じたお客様は、他の業者を探すか、そこで辞めるかです。マージンがなければパッチ作ろうと考えたチームもいるかもしれない。
中間業者以外のメリットって何もない気がするのです。

この手の仕事はただでさえ忙しいのに、無理してやる事でもないかなと感じます。


ショップやフィールド側でデザインを行い、刺繍できるかどうかのチェックを行い、添削を行って、刺繍化しやすい状況で入稿いただけるのなら、それはとてもメリットはあります。あと、チームからの集金が納品後ということなら、ショップ等が立て替えて支払いしてくれるなど融通を利かせてくれるなら、それはとてもありがたいではあります。
「チームから入金後、振込みしますのでよろしく!」というのはどの業者でも嫌がるでしょうし、私もいやです。


あと、企業系で多い月末締め、翌々月払い(掛け)というのも、一律で受け付けないこととさせていただこうと思います
わざわざ入金直前になって、当たり前のように「うちは翌々月払いなんでよろしく」って言ってくるのは何なのでしょうね・・・。
企業系では当たり前ですが、企業によってはすぐ支払いする会社もあるし、個人事業はだいたい早い時期に支払いしてくれます。
なので、掛けでの支払いが当たり前というのは通用しないと思っています。

融通の利かないところは、他の大き目の業者さんに当たってください。
技術面でうちの製品じゃなくては困るというのでしたら、多少の融通は利かせていただきたいと思います。


発送前、または遅くとも納品後1週間程度以内に振込みされるのでしたらとてもありがたいですが、直前になって翌々月ですといわれましても、普通の業者は困ると思います。

(部隊関係に関しては、演習等もあると思いますので支払い時期等はある程度調整させていただいています。入金が遅い場合は各駐屯地・基地の会計隊あて請求書を送付させていただきますので、よろしくお願いいたします)



  

Posted by sacom(モソP)  at 12:14